今回は国語の偏差値65から72まで上がった事例です。国語は基本読解力を強化することで偏差値を上げることができますが、具体的に何をしたらよいか分かりづらくもあります。ポイントは、現在の実力よりもワンランク上問題集を使うことです。より抽象的な言葉や表現が出てきますので、自然とと正答からズレた答えになります。そこで出てきたズレをどのように修正するかを解説として与えていくことを繰り返していきます。独学だと少しのズレを許容してしまったり、気づかない場合があるので、解説者が近くにいる指導法が適しているのではないかと思います。国語の読解力強化は、扱う問題集と解説者の力量が重要な要素となります。

 

▲さくら塾のトップページへ戻る