はじめまして。さくら塾塾長の小林と申します。

 

少子化の進行が久しくなり、昨今は一人当たりにかかる教育費も増加傾向になってきてました。とりわけ学習塾業界については、生徒一人当たりの月謝単価の上昇に伴い、富裕層により良質な学習支援が分配されている傾向にあります。実際、各学校の成績分布を見ると二極化が進んだM字の折れ線グラフを目にする機会も増えてきました。受験という競争に勝ち残るには、高額な投資が不可欠な状況となっています。

 

私自身さくら塾を始める前は比較的月謝単価の高い学習塾に社員として10年程勤務しておりました。その中で、教育に携わる人間として、このまま少数派のところに留まっていて良いのだろうか、もっと多くの子供たちにリーズナブルで良質な教育を届けることができないだろうかと考えるようになりました。さくら塾を開講して5年、試行錯誤を繰り返し、現在は「ワンランク上の学習習慣」、「通い放題」、「兄弟シェア」の3つの柱で教室を運営しております。生徒の頑張り、保護者様の多大なるご協力をいただき、リーズナブルな料金設定のまま、高々高女合格、定期テスト学年1位達成、複数の50位以上アップ等の大手学習塾と引けをとらない結果を出すことができています。

 

どの子供達にも同じだけ成長のチャンス(機会)を与えたい。そんな思いで日々教室で指導しております。さくら塾の指導がお子様の大きな成長の一助となれば幸いです。